ドローン市場のこれから

From the future of the drone market

ドローンを使った産業の未来

潜在市場規模15兆円といわれる有望産業
近年話題となっているドローンを使用した産業は、現在急激な成長を遂げており、潜在市場規模は15兆円ともいわれています。その反面、急成長にパイロット数が追いつかず不足しているという一面も。現在60もの業種で活躍しているドローン市場は、将来的にもさらなる発展を遂げるのは間違いなく、パイロットの需要も高まることが予想されます。

ドローンサービスの一覧

ドローンが活躍している多種多様の現場

【農林水産】

農業・肥料散布/農作管理/害獣調査・駆除 /魚群調査

【調査-管理-リフォーム】

マンション・アパート/一軒家・ペンション/工場・倉庫/火災保険/土木測量

【警備・監視】

海上・沿岸警備/イベント監視/ビル・工場警備/建築現場監視/交通監視

【災害対策】

洪水・津波監視/森林火災監視/火山監視/地震監視/復興作業

【捜索・救助】

水難者の捜索・救助/山岳遭難者の捜索・救助/徘徊老人の捜索

【巡視・点検】

河川・ダム/海岸堤防/高速道路/鉄塔・送電線/化学コンビナート/造船所/高炉・原子力発電所/太陽光発電所/風力発電所/橋梁・トンネル

【危険区域作業】

発電所の事故対応/工場内作業/工場現場作業/災害現場作業/火災現場作業/高層ビル外壁作業

【計測・観測】

空間情報・地図情報収集/交通量計測/気象・大気観測/海洋観測/生態系観測/環境モニタリング

【撮影・エンターテイメント】

映画-TV番組-ニュース報道/スポーツ/ウェディング/イベント・コンサート/プロモーションビデオ/記録撮影

【輸送・物流】

宅配/AED輸送/浮き輪輸送/緊急物質輸送/孤立地帯への物質輸送

【その他】

災害時基地局/広告・宣伝/アトラクション/水中・海中探査/教育/ホビー/ドローンレース/店舗内作業

タイトルを入力してください

テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

ドローンによる農業分野

無人ヘリからドローンへ

タイトル

ドローンは農業分野においても、大きなメリットをもたらす存在です。現状は農薬や肥料散布の36%が無人ヘリ、50%は従来の農薬タンクを背負っての作業や散布車によって行なわれています。今後はドローンがこれに変わるともいわれており、従来の40~60倍のスピードで散布を行なうことも実現可能です。

災害対策建設協会による『見える化点検』

ドローンによる見える化点検を動画でご紹介

ドローンによる水難救助の様子

山梨県警・山梨消防本部×スカイロボット社

不足するドローンパイロット

将来的にはパイロット不足がさらに深刻化

タイトル

15兆円市場ともされるドローン市場において、現状では3年後に約14万人のパイロットが必要だと言われています。このままではパイロット不足に陥ることが想定されるため、ドローンスクールジャパン神奈川湘南校では、ドローンパイロット不足を解消するべく、育成のプロフェッショナルとして即戦力となる優秀な人材の育成に取り組みはじめました。

現在の認定資格

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)認定資格
現在ドローンの資格には、国交省登録管理団体である一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)が発行している、「ドローン操縦士 回転翼3級」という認定資格があります。ドローンスクールジャパン神奈川湘南校は、このDPA認定校のため、初心者でも最短4日間、10時間の飛行経験者であれば最短2日間で資格を取得することが可能です。

今後は国家資格へ

整備されていく環境に追従する準備を
現在は3級のみであるドローンの認定資格ですが、今後は2級が設けられ、1級が設けられ、さらに数年後には国家資格になっていくことが見込まれています。こうした現状を念頭に置き、整備されている環境にしっかりと追従するためにも、今のうちに資格を取得しておくと後々有利になってくるでしょう。

DPA認定資格取得のメリット

Web Solution Division - Interactive Planner
「ドローン操縦士 回転翼3級」の認定資格を取得すると、国交省への飛行許可申請の手続きが簡略化・スムーズ化されます。※DPAは国交省登録管理団体:一般社団法人ドローン操縦士協会、無人飛行機分野における管理団体
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
AM 9:30
飛行許可書申請の際に活用
認定資格の取得により、国交省への飛行許可申請の際、10時間以上の飛行実績証明および、各種技能&各種知識の保有証明書として提示できます。
02
AM 10:30
関係各所への説明がスムーズ
ドローン活用の際、関係各所への飛行説明資料として認定資格を提示することで、土地所有者・警察署・近隣住民への説明がスムーズに行なえます。
03
AM 9:30
信頼感の向上
資格の存在が、クライアントへの提案時の信頼アップに繋がります。信頼感やブランド力が重要視されるビジネスシーンにおいて非常に有益です。
04
AM 9:30
ライセンス付帯型保険
ドローンの安心・安全に対する社会的信頼向上と、ドローン飛行時の事故発生時の被害者救済を目的とし、認定ライセンスに自動付帯した保険プログラム「DPAドローン総合保険制度」。飛行用途に合わせた加入プランと事業者は任意加入で保証追加も可能。
項目を追加